TOP >>health

health ~楽しくプレーして健康的なカラダへ~

【第9話】栄養補助食品の活用

老化防止・疲労回復・筋力アップの切り札

「元気のもと」の補酵素は
加齢と共に減少!

もともと人間体内に存在する補酵素で、若々しさへ働きかける成分の一つがコエンザイムQ10です。
私たちのカラダの「元気のもと」をサポートして毎日の活動のために大切な役割をはたしています。心臓の役割は身体の隅々まで栄養と酸素を届けることですが、このポンプを動かすエネルギーを作るためにはコエンザイムQ10が欠かせません。
栄養補助食品の活用心臓のコエンザイムQ10含量は20代がピークで、40代で30%、80代では50%以上失われます。老化の重要な一因として加齢によるコエンザイムQ10の減少は無視することができません。

摂取後の体感・効果

体中のあらゆる細胞がコエンザイムQ10を必要としているので、サプリメントをとることにより実感できる効果は一通りではありません。よく聞かれるのは『疲れにくくなった』、『元気ハツラツになった』、『肌が美しくなった』などです。もちろんスポーツの疲れが早く回復することも見逃せません。

トップアスリート
(オリンピック選手)も注目

アスリートの願いは筋力アップと持続力の強化。
エネルギーを生み出し、運動による筋肉細胞の破壊を抗酸化作用で防ぐコエンザイムQ10は心強い味方になります。オリンピックの金メダリストなどトップアスリートがひそかに愛用しているのにはそれなりの理由があるのです。

その安全性

コエンザイムQ10は1974年以来長年用いられてきましたが、これまで深刻な副作用の報告は一例もありません。
もともと身体のなかで合成されている物質ですので、安全なものだと考えられています。

効果的な摂取方法

栄養バランスのとれた食生活が健康の第一歩です。コエンザイムQ10は、イワシやレバーなどに多く含まれますが、十分な量を補うには相当量を食べる必要があります。
現代では、栄養補助食品で補うのが常識となっています。欧米では一日100〜300mgのコエンザイムQ10が摂取されています。
水に溶けず、油に溶けやすい素材なので、油分を含んだ食事直後に摂取することが大切です。空腹時では充分に吸収されず効果が半減してしまいます。体内吸収力は個人差が大きく50mgで十分な人もいますが、300mgでも足りない人もいます。効果を充分に体感できない人は摂取量を増やしてみてください。

効果的な摂取方法

 栄養バランスのとれた食生活が健康の第一歩です。コエンザイムQ10は、イワシやレバーなどに多く含まれますが、十分な量を補うには相当量を食べる必要があります。  現代では、栄養補助食品で補うのが常識となっています。欧米では一日100〜300mgのコエンザイムQ10が摂取されています。
 水に溶けず、油に溶けやすい素材なので、油分を含んだ食事直後に摂取することが大切です。空腹時では充分に吸収されず効果が半減してしまいます。体内吸収力は個人差が大きく50mgで十分な人もいますが、300mgでも足りない人もいます。効果を充分に体感できない人は摂取量を増やしてみてください。
■malletおすすめ栄養補助食品サプリメント

コエンザイムQ10を1回の摂取に60mg〜90mg配合!

マレットゴルフボール
1日2〜3カプセルを目安に、水またはぬるま湯とともにお召しあがりください。
アスタベリーQ10
他にもアスタキサンチン(免疫力を高める)や、ビルベリーエキス(目の疲れに効果)も高配合!
標準価格:7,875円(税込)
(470mg×90粒)約1ヶ月分